高齢でも不妊を治療することは可能|諦めないことが大事!

女医

高齢 不妊

3人の看護師

高齢の女性が妊娠をするのは大変なことですが、近年は高度生殖補助医療というのがあり、高齢の方でも不妊治療をしっかりと受けられます。しかし、人工的に排卵を起こさなければならないため痛みが伴いますし、心身共に負担が掛かってしまうのが現状です。高額な医療費も必要になってきますので、治療を続けられないと言う方もいます。このような問題を解決していくことも大切ですが、まずは、妊娠しやすい身体つくりもしなければならないのです。そうすれば、短期間の治療で妊娠する確率が上がるでしょう。

妊娠しやすい身体は様々な方法で行なうことが可能ですが、近年は統合医療が中心的となってきています。統合医療とは西洋医学と漢方の2つを組み合わせたもので、相乗効果があると期待されています。漢方や鍼灸を利用しながら不妊体質を改善して、西洋医学で最も効果的な治療を行なうことで、比較的スムーズに妊娠出来る身体に改善していきます。
高度医療を受け続けているにも関わらずなかなか妊娠しないのは、基礎体質が整っていないからです。身体の調子を良くしていればすぐに赤ちゃんが出来る可能性があるのです。ずっと治療を受けているのに妊娠の兆候が見られない方は、漢方や鍼灸を利用してみる価値があります。
高齢だからもう妊娠は無理と半ば諦めかけている方も多いですが、まずは、体質を整えることから初めてみると良いでしょう。そして、医療機関で手厚い治療を受けることで待望の赤ちゃんを授かることが出来るかもしれません。

男性も一緒に受診する

悩む男性

男性不妊が原因で、妊娠出来ないこともあります。ですから、男性も一緒に医療機関へ訪れて検査を受けるようにしましょう。先天性と後天性の2種類があるため、まずは、検査をしてみなければ分かりません。

詳しく見る

体質を整えよう

医者

妊婦は葉酸を摂取して元気な赤ちゃんが産まれるようにしなければなりません。葉酸なら妊娠中でも安心して利用出来るため、安心して摂取しても良いです。サプリメントがありますので、そちらを利用しましょう。

詳しく見る

早めが重要

妊婦

女性特有の疾患を放置すると妊娠出来ない可能性も考えられるため、早急に産婦人科へ行き診察をしてもらいましょう。梅田の産婦人科なら適切な処置を行なってくれるため、信頼出来ます。

詳しく見る